テーマ:育児

★仏教は人間をたたき直す

仏教は人間の根性をたたき直す教えです。 それが嫌だという人に、強引に勧めることはできません。 そういう人々は放っておくのです。 そこで問題が起きます。 ブッダがすべての生命に対して 慈しみを抱いているならば、 嫌がる人々も何とかして 育てることが仕事ではないか、という疑問です。 医者ならば患者を治すのが …
トラックバック:2
コメント:15

続きを読むread more

★最高の幸福を目指して

人は何を行っても得をしたいと思うのが普通です。 損をしたいから何かやる、ということは成り立たないのです。 誰もやらないのです。 得と言えば様々です。 収入を得ることも、豊作になることも、学業成就することも、 商売繁盛することも、得なのです。 では、最高な得は何でしょうか? お釈迦様は、健康であることが 人にと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

★思考の中から「私」を捨てる

日常生活に苦しいことはつきものです。 そのうえ、様々な問題に遭遇しなくてはいけないのです。 生きるということは、何かしらの問題に遭遇することです。 その問題を解決しなくてはいけないのです。 自分の人生に起こる問題を解決できないというならば、 まっとうな人間として生きていけません。 そこで問題に対して解決策を考えて…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

★己の心を知る人がすべてを見通す

行為の前に 「なぜこれをやりたいのだろうか」と 自分の心に訊いてみてください。 もしもその答えが貪・瞋・痴であるならば、 すぐにやめた方がいいのです。 たとえば誰かに何かを言いたくなって、 「私はなぜしゃべりたくなったのだろうか」と観察すると、 「私はその人に言われたことに腹を立てていて、その感情を 言葉にし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

★自分を生かせる仕事がない

○仕事に必要なのは、個性ではなく”能力” 個性を生かせる仕事なんてありません。 ひとりの個性に対して、誰が何のために、お金を払うのですか? 「私の個性はこれだから、お金をください」では、 理屈が成り立ちません。 理屈が成り立たないことは、考えたらいけません。 仕事に必要なのは、個性ではなく「能力」です。 仕事とは、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

★人生は虚しい

人生というのは、結局いくらがんばっても水の泡です。 いくら一生懸命がんばっても、最後はすべて虚しいのです。 何もあとには残りません。 必死になって自分の命も惜しくないと思っても子どもを育てても、 子どもが大きくなったらどうなるでしょうか。 親など必要なくなってしまいます。 歳をとって病気になったら子どもは助けにならな…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

★たった一行で奇跡が起こる

それが慈悲の瞑想です。お釈迦様の言葉はパーリ語で書かれています。 「サッペー サッター バワントゥ スキタッター」 「一切の生命が幸福でありますように」 これがブッダの答えなのです。 これが人間の生きるべき生き方なのです。 「我々はどのように生きるべきか」といいますと、 「生きとし生けるものが幸福でありますように」と…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

★ポックリ死ぬためには、明るい心が必要

「ヴィパッサナー冥想」は、 脳細胞を守って身体を健康に維持したり、 病気を治してくれたりします。 年をとるとどんどん血管が細くなって血圧も上がる、 というような問題をはじめとする老化現象を、 できるだけ抑えてくれる方法です。 誰でも当然、死ぬことは死にますが、 ボケたり、倒れて寝たきりになって死にたくはあり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

★子どもがいないことに罪の意識が

すべての子どもを育てる気持ちで生きてみる 妊娠しないのは、自分のせいではないでしょう。 妊娠しても、流産する場合だってあります。 これはバカバカしい悩みです。 悩む必要はありません。 私も、子どもを本当に可愛いと思うし、 育てたいという気持ちがあります。 出家者は結婚も性行為も禁止ですが、子どもを見ると…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

●出家しなさいと言わない仏教

仏教は、けっして「出家しなさい」とは言いません。 私は以前、どなたかに 「長老が言うことは、つまりは出家しましょうということですか?」 と聞かれたことがありました。 もちろん答えは「ノー」ですが、それを聞いた途端、 ある事実が思い浮かんだのです。 「お釈迦様は45年間、説法をなさって、たったの一度も 《きみ、出家し…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

●仏教は人が自由になる手助けをする

テーラワーダ仏教の世界では、 小さい時から、 「人々の役に立つように生きることは大切なことだ」 と教えられて育ちます。 みなさんは 「人様の迷惑にならないように」とお母さんに言われると、 嫌な気分になりますね。 それは自分のことばかり考える わがままな心があるからです。 わがままな心で生…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

☆私はどんな変な人を見ても、変には見えません。

私の母は、お釈迦様の教えに従ってしっかり育てられた人です。 私に生命を差別してはいけないという 重要な真理を最初に教えてくれたのは母でした。 ある日、村に物乞いの人が来ました。 昔のインドの物乞いというのは、 カーストによる職業でしたから、そういう人びとに 施しをするのは義務であり、 うるさがったりしたらい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

●やさしい人は5つ星

私たちは「やさしいことは、いいことだ」と信じて疑いません。 だからやさしい人は、ずいぶん点数が高いのです。 「あの人はやさしい」という事になれば、星が5つつくのです。 「どんな人が好きですか?」というアンケートがあると、 いつも「やさしい人」は上位です。 私たちは、やさしい人が大好きなのです。 では私たちは、どん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

※怠け者< NO.1>

「怠け者」という言葉を覚えておいてください。 仏教では、「放逸」という言葉をよく使用します。 「怠け・怠惰」という意味です。 「放逸の人は、死人である」 「放逸の人は、この人生に負けてしまうのだ」 と説くのです。 「放逸は負けだ」 「放逸者は敗北者だ」と、 とても厳しい言葉を言っているのです。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

☆自己愛を持つ

☆自己愛を持つ 「自分を守る行為はかっこいい」ということを知ってください 「自分のこと好きですか?」と質問されたら、 あなたはどう答えるでしょうか。 これは真剣に考えるべき問題です。 自分のことさえ好きでないなら、 どうやって役に立つ人間になるのでしょうか。 どうやって人を愛するのでしょうか。 自分自身を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

■スーパーコンピュータ

●生命は、自分のことしか知らない 生命にエゴがあるのは、 構造上の大きな問題があるからです。 生命は、自分の眼耳鼻舌身意という6つの器官から刺激、 情報を得て生きています。 眼で見て、耳で聞いて、鼻で嗅いで、 舌で味わって、身体で感じて、頭のなかで いろんなことを考えているのです。 そのため、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

●人間も生命の感情を食べている

たとえば小さな赤ちゃんがいる時は、お母さんはたいへん元気でしょう。 結婚した直後は、奥さんも旦那さんにある程度遠慮するものです。 その奥さんに子供が一人生まれたら、 旦那さんにも怒るし、厳しく攻撃するし、 コントロールして抑え込んでしまう。 どこからあの元気が出てくるのでしょうか。 あれは自分の赤ちゃ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「感謝の気持ち」その意味を教えてあげましょう!<13歳へ>より抜粋

★コミュニケーションをとれば大人の能力が上がる。 ですから、大人をしっかりした大人にすることは、 子どもたちにこそ出来ることなのです。 先生をしっかりした素晴らしい先生にすることも、 生徒になら出来るのです。 先生といっても、先生たちも教え方を 完璧に知っているわけではありません。 頭で悩んで考えたり、勉強…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

●大切に考えたい二つの能力

能力について、もう一つ言えることは、人間の能力というものは、 限られたものではないということです。 妄想を減らしてみると、すごくいろいろなことができます。 お釈迦様がいちばん推薦する能力というのは、 怒りをなくす能力、 欲をなくす能力、 嫉妬を消す能力、 人を憎むことをなくす能力、 …
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

●私の基準で評価する誤り

「私」の基準で評価する誤り 人と人との関係でなくても、生きる「苦」は勝手に生まれ続けます。 私たちは生きるために、 「苦」を和らげるために、ものごとを知ったり、 行動しようとしたりします。 しかしそれが、全く期待通りにいきません。 それどころか、知ることで、行動することで、逆に「苦」をつくりだ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

智慧ある人になるために

●智慧ある人とはどういう人か 「心が軽くなるブッダの教え」A・スマナサーラ長老著書より抜粋致しました ●人生の自己コントロール 智慧のある人がどういう人かというのは、いくつかのポイントから 見ることができます。 ひとつは「戒律のある人」です。戒律というのは、生き方のことで、 話す事、行動すること、それらが…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

●ほめられるより大切なこと・・・・

私は仏教の概念で生きる意味を教えられていました。 ですから、勉強することで、 なにかものすごく良いことをしなくてはという気持ちはあったのです。 色々な人が色々なものを発明して、人の助けになったと聞くと、 できれば自分にも、そういう事ができればいいなあと考えるようになったのです。 お金を儲けたいという気持ちはわず…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

し・あ・わ・せ・・・・

【幸福感とは】 ★ほんとうの幸福感は、すべての人が体験できるものでなければ ならないのです。 それは、イライラせずに、いつも落ち着いた心でいられることです。 <P46> ★安定して安心に生きられることが幸福だ、 という前提は間違いです。 安定できない、安心できないこの世の状況のなかで、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生を楽しむって?どういうこと?

【生きる事は苦】 ★なぜ私たちは、必死になって楽しみばかりを探し求めて いるのでしょうか。 それは 「今」が苦だからです。 しかし、生きること自体が苦なので、瞬間的な楽があっても、 永遠に続く楽などいくら探しても得られないのです。 存在もしない永遠な楽しみを捜し求める人には、 よけいに新たな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

希望がたくさんあるって良いこと?

★われわれは、現実をありのままに受け入れるのは 苦しいことだと勘違いしています。 それで現実から目をそらして、期待とか幸福が入り交じった 「しあわせ」 という観念が生みだされるのです。 観念でつくる幸福は、観念だけで終わるものです。 現実をありのままに観察すると、現実にある「生きる苦」を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★野球のイチロー選手

『あこがれを持ちすぎて、自分の可能性をつぶしてしまう人はたくさんいます。 自分の持っている能力を活かすことができれば、可能性が広がると思います』 とは、イチローの名言集よりです 【生きる方法】 ★野球のイチロー選手は、なにも妄想していないように 見受けられます。 自分の仕事に徹底的に集中して、じゃまになる雑念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きる目的って何?

【生きる目的とは】 ★みんな死ぬまで、明日のために準備することだけで生きて いるのです。<P72> ★生きる目的はなにかと探し求めて悩むより、人格を 完成させるという目的をあえて作って、 そのために生きてみてはいかがでしょうか?<P74> ★人生の目的とするものは、なにか自分と一体になる ものであればよ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今回は「問題です」この空白の部分を考えてみましょうか!

★子ヒツジと母ヒツジ <問題>この物語の途中の空白の部分ですが、あなたなら どうしますか?お釈迦様の行動を考えてみましょう? ある羊飼いが、ヒツジの群れを餌場に連れて行くために、川を渡ろう としていました。川は浅かったのですが、 ヒツジ達はなかなか渡ろうとしません。 なぜかと言うと、群れの中に母ヒツジと子…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more